わたしたちは無知蒙昧な者を相手にしない

وَإِذَا سَمِعُوا اللَّغْوَ أَعْرَضُوا عَنْهُ وَقَالُوا لَنَا أَعْمَالُنَا وَلَكُمْ أَعْمَالُكُمْ سَلَامٌ عَلَيْكُمْ لَا نَبْتَغِي الْجَاهِلِينَ
また、つまらない談話を耳にする時かれらは身を引いて言う。「わたしたちには、わたしたちの行いがあり、あなたがたにはあなたがたの行いがある。あなたがたの上に平安あれ。わたしたちは無知蒙昧な者を相手にしない。

إِنَّكَ لَا تَهْدِي مَنْ أَحْبَبْتَ وَلَـٰكِنَّ اللَّهَ يَهْدِي مَن يَشَاءُ ۚ وَهُوَ أَعْلَمُ بِالْمُهْتَدِينَ
本当にあなたは、自分の好む者(の凡て)を導くことは出来ない。だがアッラーは御心のままに導き下される。かれは導かれた者を熟知なされる。(28:55-56)

 身を引いて言う「かれら」は教えに従う者のこと。
 「相手にしない」とあるが、「望まない、求めない」の意。特に自分からすすんで相手はしない、といったニュアンス。括弧が閉じられていないが、55節最後までが教えに従う者の言葉。
 「あなた」と呼びかけられているのはムハンマド様ص。
 預言者がいくら骨を折っても、望む者すべてを導くことはできない。アッラーは導きたい者を導く。人間が頑張って相手にしても仕方がない。
 逆に仲間に入れたくない者でも、アッラーが望めば導かれるのだろう。الله أعلم

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする