キカイカ

 最後に残る「自然」への暗黙でナイーヴな信頼と、過剰な人口性に彩られる人間たち。
 この国の女たちはどうだ。機械のようなものに取り憑かれてしまって、そのレースから降りることもできない。
 「自然」への暗黙の信頼など備えていない人々が、余程「自然」に見えるのはどうしてなのか。
 いかに人間を機械化しても、最後には「自然」が迎に来てくれる、という甘えなのか。
 多分、身体の境界ということか鍵になる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする