同じセリフを、どこから言うか、出来るのはせいぜいそれくらいだ

 いわゆる宗教アレルギーであるとか、信仰に対するナイーヴな理解と否定というものは、要するに「我々の信仰は他とは異なる特別な信仰である」という宣言に他ならない。
 もちろん、この態度は極平凡な「宗教の人」のもので、特段良いとか悪いとかいう程のものではない。ただ無自覚であるというだけで。
 何か別の、気の利いたセリフがあるのではない。
 同じセリフを、どこから言うか、出来るのはせいぜいそれくらいだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする