わたしが見ているということは何によって確証されるのだろうか

スポンサーリンク

 わたしが見ているということは何によって確証されるのだろうか。
 わたしは今、本当に見ているのだろうか。
 目を閉じてまた開いた時、見えるこれは、わたしの見ているものなのだろうか。

 これは、「これ」が「あれ」ではない、つまり「あれ」の写しにすぎない、ということを問うているのではない。
 「これ」が「これ」なのか、という問いだ。
 だから、「これ」を既に手にとっているわたし、そのわたしが、「これ」と名指すに足るわたしなのか、それが不安で仕方ないのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする