about

数えられなかった羊はどこに行ったのだろう。

次はボク、次はボク、と思いながら待っているうちに、数える人が眠ってしまった羊は。

暗いところに閉じ込められて、ただ待っているのだろうか。

あるいは、数えられたかもしれない、という可能性にも気づかないのだろうか。

夢の中でわたしたちが出会うのは、きっと数えられなかった羊だ。

羊でも人間でもない、得体の知れない肉の塊になって、浜辺に打ち上げられている。

それはわたしだ。

ماذا تظنون.ان كان لانسان مئة خروف وضل واحد منها افلا يترك التسعة والتسعين على الجبال ويذهب يطلب الضال

Your Name:
(required)
Your Email:
(required)
Your Website:
Subject:
Your Message:
  CC Yourself

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする