再生産

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 このtweetそのものに対してどうとか言いたいわけでは全くなく、単にこれを目にしたときにふっと頭に浮かんだことなので、こちらの発言者様には大変失礼致します。ちなみに発言のご趣旨自体には半分くらい賛成します(これから書くような意味で半分は「どうかなぁ」と思っていますけれど)。
 何が浮かんだかと言えば、再生産だなぁ、と思ったのです。
 リプロダクティブ・ヘルスとか言う時のあのリプロダクトですよ。
 人は再生産されていく訳でしょ。誰にでも親がいて、その親にもまた親がいて、そういうのがずーっと続いてわたしたちがいるの。当たり前ですけどね。
 生産は常に再生産。スクラッチで書いたりしていないんです。
 それを思うとね、ここで言う「規範の再生産」というのも、どこか致し方ない面というのはあると思いますね。良いとは言いませんよ。ある立場から見れば現行の「規範」には許容しがたいものはあるでしょう。わたしだってそういうことは沢山考えます。
 でも、規範もスクラッチでは書かれていない。生産されていない。再-生産でしかないんです。
 誰が最初の一個を作ったんだ!責任者出てこい!と言っても、多分顔や名前のある人は出てこないですよ。死んでますし。大体、責任者出てきたらなんなんですか。今更どうにもなりませんよ。
 それは神様とかご先祖様とか、ぼやーっとして光り輝くものから来ていて、触ったりできないんです。一個二個沢山じゃないですけど、三代くらい遡ってもうちょっと先にいくと、もう普通の平凡な人類には何が何やらわかりません。そんなもんでしょ。
 もちろんここで書かれている「なりたい職業」とか特殊近代的なものであれば、そんなに大層に遡れるものでもないですし、まだ割と根が張っていないというか、三人がかりくらいで掴んでうーんと引っ張れば大根みたいに抜けるかもしれません。よくある、「伝統とか言ってるけど戦後のフィクションじゃん」みたいな類と五十歩百歩でしょう。そういうところでもう規範が絶対で、押しても引いてもびくともしないとは言い切れません。
 変わる時には変わるんじゃないですか。変えられるとは思っていませんけれど。
 たとえ二十年程度のものでも、意外と頑丈ですからね。どうしても変えないと明日の食い扶持に困る、くらいのものがあれば別でしょうけれど、人間、びっくりするくらい面倒くさがりにできてますから「まぁええやん、明日やれば」くらいでズルズル百年くらい行っちゃうでしょ。
 そういうものは、変わる時には変わるけれど、変えるものではない。
 変えるぞ!とかいう前提で運動したりするのにはわたしはまったく懐疑的ですね。投票率上がれば本当に勝てると思っているリベサヨとか、アホちゃうかと思います。
 じゃあ何もやらないかと言うと、やりますよ。勝てるわけないけど、でもやるんだよ!というのはある。そういうのは滅茶苦茶大事ですよ。わたしは左翼ではないので後先考えて理屈詰めて正しいことを実現しようとは思いませんが、やりたいことはやる。後先なんかないからやるんです。こっちは暴走族なんだから。暴走して何になるって、何にもなるわけないじゃないですか。迷惑かけてるだけです。

 話がズレましたけれど、再生産なのよね。生産じゃないから。あるものをまた作るしかない。
 リプロダクティブ・ヘルスの再生産だって、カエルの子はカエルなんだから、あんまり多くを期待しちゃだめですよ。変えられることもあるにはあるけど、変わらないことも多い。大体、変えようとしている自分が母親だったりするわけでしょ。教育するのが。その教え方育て方に、自らが背負ってきた呪いが無関係とは言わせないですよ。それどころかほとんど呪いで教えたり育てたりするんだから。ミーム的に伝播して当然でしょう。言語だって勝手に日本語喋りだすわけで。そこも含めて再生産でしょ。
 別にいいじゃない、カエルでも。立派なものよ。ケロケロ鳴くしさ。
 自分がカエルなのにうんざりしていて、再生産だけはカエルにさせない、と思うのかもしれないけどさ、まずは自分のカエルっぷりを愛しなさいよ。よく見たらなかなか素敵よ。緑でぴかぴかして宝石みたい。捨てたもんじゃないよ。

 もっと大きく再生産ということを考えても、そこには本当にうんざりするものがあって、自由意志なんて存在しない、この呪いで一生縛られていくのか、という鬱々としたものはあるでしょう。わたしはありますね。
 それを全部無前提に受け入れろ、なんて言えないし、受け入れちゃってる人はアホちゃうかと思いますけどね。
 だから暴走族とかやるんでしょ。いいじゃないの。走りなさい走りなさい。それで時々死んだらいいのよ。
 この運命が絶対だとして、運命を呪っても良いと思うけど、運命は別にあなたを呪ってはいないんだから。
 実際、再生産が失敗することだってあるわけですよ。あれ?なんか変なの出てきちゃいましたよ?という。それも含めて運命だと、わたしは思いますね。予定通りにいかないところまで込みで、運命。
 祈ったらいいじゃない、この再生産がコケますように、と。
 人にできるのなんてそれくらいじゃないの。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする