『名前のない本』全訳公開

 アフマド・アル=イシーリー氏の『名前のない本』を途中まで訳したまま長いこと放置していましたが、今回著者のイシーリー氏から直接許可が取れましたので、翻訳全文を公開します。

名前のない本

 「ストリートのイシーリー」という番組を先日取り上げましたが、このイシーリーさんです。主にテレビやラジオで活躍している方ですが、独特の視点と文体で大変興味深いです。彼はエジプト的にはいわゆる「リベラル」に属する人ですが、「リベラル」というのは、一部の「先進諸国」で考えられているような「世俗主義」ではありません(そもそも「世俗主義」という言い方は基本的に罵倒語で、イスラーム主義陣営からリベラルを指す時に使われる。本人たちは「市民派」などの言い方をする)。ではいかに信仰を位置づけているのか、というのが、この著書から感じ取ることができます。このような捉え方は、全面的ではないにせよ、かなり多くのエジプト人(信心深いが、「上からのイスラーム」「イスラーム体制」に対しては一定の警戒感を持っていて、かつ近代的・西洋的な物事も柔軟に取り入れている)とも通底するものでしょう。
 なお、本書やその他の翻訳の書籍化にご関心のある方があれば、こちらにメールフォームがありますので、ご連絡下さい。イシーリー氏とは、とりあえず無償無報酬で公開、有償書籍化であれば改めて契約しましょう、という形でお話しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする