アホには神様は自明だ

物凄いアホの子のようなことを言えば、神様がいないと思い込んでいる人には「ほな、なんでアンタがおるん?」とまん丸な目で問いたくなる。
「お父さんとお母さんがセックスしたからやろ」というのは、それはそうかもしれんけど、そういう問題ではなく、「ほなお父さんとお母さんがセックスしたらなんでアンタがおるん?」とも問える、そのような問いの向こうにあるものを言っている。
朝になると日が昇るのは、地球が自転しているからだろうし、地球が自転して日が昇るのは、太陽と地球の角度がなんたらと、いくらでも言えるが、いくら言われても「ほな、なんで?」と問える。
そんなことは子供でもできる。というより、子供しかできない。いい年してずっと「なんで」と言っていると、アホの子だと思われる。
だからアホには神様は自明だ。
順序が逆なのだ。
扉の中の扉の中の扉の中の扉の中の扉を開けたら神様がいて「ああ、いてはったんですか、すんません」というのが神様だ。
神様がいなかったら、子供は気狂いになる。
しかしまだ気狂いは、よく躾けられなかっただけ、神様に近い。アホの子に近い。
質問というのは不躾なものだ。大人は簡単に質問してはいけない。「ググレカス」と罵られる。
質問しない立派な大人になるには、扉の中の扉の中の扉の中の扉の中の扉を開けて「すんません」と言わないといけない。何度も開けると怒られるので、どうしても我慢できない時以外は、最初の一回でこらえておいた方が行儀が良いが。
そうでないと、よく躾られはしているけれど、暗い顔でつまらなそうな大人になる。
アホには神様は自明だ。そして人生は楽しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする