誰かが知っている

 わたしの知らないことには二種類あって、誰が知っているのかわたしが知っていることと、誰が知っているのかわたしが知らないことだ。
 誰も知らない、ということは「不可能」だ。
 不可能だというのは、不可能の可能性として含まれているということで、誰が知っているかわたしが知らない時、そこには誰も知らないという可能性が織り込まれている。ただ、誰も知らないのか、誰かが知っているのにわたしが知らないだけなのか、知ることができない。誰も知らないことは、不可能な現実として織り込まれる。
 わたしが知っているか知らないか、という境界ではなく、誰が知っているのかわたしが知っているか知らないか、という境界が決定的だ。
 言い換えれば、Aが知っている、ということと、「誰か」が知っている、ということになる。
 「誰か」が「誰でもない者」なのかどうかは、わたしには知ることができない。
 
 誰かが知っていれば良いということが沢山あって、多くの場合、誰も知らないでも構わないことだが、誰かが知っていると知ることと、誰も知らないと知ることには大きな違いがある。なぜなら、誰も知らないと知ることは不可能だからだ。
 誰かが知っている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする