誰にでもそれぞれの孤独がある

誰にでもそれぞれの孤独がある。
だから分かち合うべきは、分かち合え無さそのものだ。
唯一の神を信じるとは、そういうことなのではないか、と思うことがある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする