「信仰の必要ない人間」というのは、ほとんど「人間ではない」のと同じことだ

 「信仰の必要ない人間」というのは、ほとんど「人間ではない」のと同じことだ。
 信仰を必要から考えてしまった時点で、既に見当違いな場所を見ている。
 神が貴方を選ぶのであり、貴方が神を選ぶのではない。
 必要なものがあるとしたら、それは既にすべて与えられてしまったのだ、という気付きのみから、始まる。
 神は完了している。
 すべてが終わった場所で、静かに始まるのが信仰だ。
 世界の終わった夕暮れの浜辺に、尚打ち寄せる波を見つめるように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする