SWT,SAW,RA

スポンサーリンク

 英語で(時に日本語でも)イスラーム関係のテクストを眺めていると、SWT、SAW、AS、RAなどの略号を見かけることでしょう。これらは神の使徒やその教友の名前を言った後に付け加える決まり文句というか、敬称のようなものを省略表記しているものです。

SWT
سبحان و تعالٰی
Subhana Wa Tala
The Sacred and The Mighty
神様という単語を口にした後に加えます。

سبحان は神様を称える専用の特別な言葉。
تعالٰی は派生Ⅵ形の「高位にある、至高である、気高い、高められる」という意味の動詞。

SAW
صلى الله عليه وسلم
Sal Allahu Allahi Wa Salam
May the Peace and Blessings of Allah (God) be upon him
ムハンマド様の名前を口にした後に加えます。

RA
رضي الله عنه
Radiy Allahu Anhu
May Allah (God) be pleased with him
教友の名前を口にした後に加えます。
رضي は「~に満足する、~を受け入れる、~を喜ぶ」という意味の第三子音弱動詞。
前置詞Anの後は言及している人物の性・数によって変わりますが、どれでもRAとは略せるのでこの記法が一般化しているようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする