ヒマール、ロバ、donkey

スポンサーリンク

 かなりの動物好きではあるものの、アラビア語と出会うまでは、ロバという生き物について特に意識したことはなかった気がします。
 アラブ・アラビア語に袖が触れ合っても、ロバと無関係ではいられません(ちょっと言いすぎ)。
 人に向かって「ヒマール」と言えば、典型的な罵詈雑言ですが、ロバ自体はアラブの人々にずっと親しまれてきた役立つ動物です。ロバが「身近で役立つ動物だけれど、愚鈍の表象としても用いられる」なのは、別段アラブに限ったことではありません。英語のdonkyにも、可愛らしいけどちょっとバカ、みたいなイメージが付いてきます。どうも日本という国は、世界的にも珍しい「ロバが少ない国」らしいです。一体どうして日本ではロバが普及しなかったのか、気になるところです。
 とりあえず、わたし個人にとっては、アラブがロバとの出会いのキッカケだったのですが、よくよく見てみると、ロバというのは実に愛くるしい顔をしています。大人の男が乗るとちょっと無理している感じで、坂道発進の厳しい昔の軽自動車のようです。
 というわけで、たまにはお気楽に、ロバの画像・動画でも載せてみます。

 まずはロバがブラーン。

ロバがブラーン

 イイです。ちょっと虐待気味ですけれど、可愛いから許します。ものすごい無防備です。
 この画像は「荷物が重すぎてロバが吊り上げられちゃった」ハプニング写真だとばかり思っていたのですが、この状況を映した動画がありました。

 これを見ると、ロバの飼い主らしい人たちは少しも慌てたところがなく、「いつも通り」といった様子です。ロバもどことなく、この扱いに慣れているように見えます。まさか世界中でこんなロバの使い方が一般的なことはないでしょうが、少なくともこのロバは、ずっとこういう風に使われているようです。一応「面白い動画」としてアップされているので、この地域全般で「ロバぶらーん」しているわけではないと思うのですが・・。

 続いてバカ動画。

 「最新型のロバ」というタイトルで投稿されていました。全力でバカやっていて大好きです。子供たちのハシャぎっぷりもステキ。
 ちなみに、YouTubeを眺めていると、アラブ人は結構お笑い好き、しかもちょっと子供っぽいお笑いの方がツボの傾向が見られるように思うのですが、どうでしょうか。日本の「仮装大賞」がアラビア語で投稿されていることもありました。サッカーと音楽関係の次くらいに多い気がするのですが。

 次のはタイトルが良かったです。「ロバに乗るロバ」。

ロバに乗るロバ

 アイロニーとしてのセンスも好きですが、単純に重い銃を抱えた兵士を乗せて、ロバが余計小さく見えます。ロバは「上のロバ」がやっていることなど興味もないのでしょうけれど。
 それにしても、これは本当に戦場で撮られたものなのでしょうか。ネタでやっているのでしょうか。ロバから自動小銃を撃って、およそ戦いになるとは思えませんけれど・・。

 最後は素直に天国のような写真で。

ロバと赤ちゃん

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする