有り様を見つけなければならない

 「宗教は人を幸せにする(ための)ものだ」というほど、滑稽で愚かな言葉もない。
 そんな調子だから、訳の分からないスピリチュアルやらカルトにやられるのだ。
 それくらいなら「人を苦しませるためのものだ」の方がまだマシだ。
 実際、信仰のお陰で色々と苦しみを被ることは多いだろう。
 しかしこれも正しくはなく、苦しみの中に信仰がある、という方がいくらか良い。
 信仰の中に苦しみがあるのではなく、苦しみの中に信仰がある。
 苦しみというのは、信仰があろうがなかろうがある時にはある。当たり前だ。苦しい時は苦しい。
 それは人の中にあるもので、信仰がそのまた中にあるのだから、信仰は内側に最初からあるものを見つけるだけだ。
 苦しい時に、その苦しみから逃れるために、宗教へ行く、というのではない。
 苦しみや不幸の外ではなく、中にあるのだ。
 苦しい有り様、それが実は信仰の一様式であり、その苦しみの限りにおいて、実は既に信仰の内側にいる、という気付きがなければならない。
 それは「幸せになる」などというのとは真逆の方向だ。
 何かになるとか、何かを得るといった話は、どれもこれも浅薄でしかない。
 有り様を見つけなければならない。
 存在を変えなければ何も変わらないが、既にただ存在しているので、それを見つけるしかない。
 存在しているのは苦しいことだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする