砂漠で迷子のイスラームジョーク

 ネットで見つけたエジプトのジョークがちょっと面白かったので、貼っておきます。

 ジョージとマイケルの二人が砂漠で道に迷った。飢えと乾きで死にかけていたところで、突然マスジド(モスク)を見つけた。ジョージはマイケルに言った。「俺は自分の名前をムハンマドだと言おう、そうすれば食べ物と水を分けてもらって歓迎されるだろう」。マイケルは言った。「俺はマイケルだと言うよ、なるようしかならないよ」。マスジドのシェイフが彼らを見つけ、名前を尋ねた。ジョージはムハンマドと言い、マイケルはマイケルと名乗った。するとシェイフは言った。「マイケルに食べ物と水をあげ、歓迎してやりなさい。それからムハンマド、分かっているだろうけど、今はラマダーンだ。二時間ほどすればイフタール(日没後に最初に摂る断食明けの食事)だから、それまで待つんだ」。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする